【Good-Life-Action】日常の便利な商品・サービス・お役立ち情報!

ネットで話題の人気の商品やサービスを紹介!あなたの毎日を少しでも豊かにするお手伝いができたら嬉しいです♪

格安スマホの基礎知識

今さら聞けない格安スマホの基礎知識!ゼロからマスター完全ガイド

更新日:

今から格安スマホを使ってみようと思うあなたは、もしかしてちょっと出遅れた感があり、乗り換えたいけど全然わからないし、今さら誰にも聞けないなぁ~

なんて悩んでいるのではないでしょうか?

 

確かにここ数年で一気に格安スマホ市場は盛り上がって来ています。

でも、まだまだ全然遅くはありません。むしろ各メーカーが出そろってきて比較検討できるいいタイミングです。

 

ドコモやau、ソフトバンクのキャリア(携帯電話キャリア =  携帯電話の通信サービスを提供している会社のこと)
から乗り換えればスマホ料金が1,600円~に抑えられるので興味がない方はいないでしょう。

今までスマホ料金に5,000円~10,000円円以上使ってきているなら、今が節約するタイミングかもしれません。

 

ですが、みんなが格安スマホに替えれば、お得になるとは限りません。
今のあなたの通話の状況やネットの使用状況によっても違いますし、格安スマホのどの会社を選べばお得なのか?

などなど、複雑な格安スマホは自分で調べてもなかなか理解できないものです。

 

そこでこちらではあなたの代わりに格安スマホの基礎知識をどこよりもわかりやすく
紹介していきますのでぜひ参考にしてみてくださいね。

 

格安スマホって何なのか、全くわからないあなたでも理解できるように一生懸命説明していきますので、まずは読んでみてくださいね。こちらを確認すれば基礎知識が学べますよ。

 

疑問1:そもそも格安スマホって何?どうやって生まれたサービスなの?

まず基本中のキホン、そもそも格安スマホとは何なのか?どうやって出来たサービスなのか紹介していきます。

 

その名の通り、格安スマホとは大手携帯会社のスマホと比べて安く利用できるサービスです。

今まではスマホと言えば、ドコモやau、ソフトバンクでしか契約できなかったわけですが、
携帯電話産業にもっと競争を促したいということで国の電波を管理する総務省が主導でその他のサービス参入が可能となりました。

 

この格安スマホは格安SIMという名前でも呼ばれていますが、その違いは言葉の違い、言い方が違うだけです。

あえて違いをいうとすれば格安スマホは機種本体を表し、
格安SIMは機種の中身に入っているチップ(カード)と覚えておくとわかりやすいかもしれません。

 

そしてこれら格安スマホ・格安SIMを扱う会社をMVNOと呼びますが、
最近ではこれら契約先が一気に増えたのも、私たちを迷わす原因となっています。

まさに「ありすぎてどこを選べばいいのか?わからない」という状況なんです!

 

格安スマホの選び方は後ほど詳しく紹介させていただきますが、
まだまだ疑問があると思いますので1つずつ解決していきましょう!

 

格安スマホ・格安SIMが契約できる会社って調べて見たら20社以上あるみたい、これではどこを選べばいいのかわからないですよね。この先を読んで疑問を1つずつ解決して自分にあった会社を選べるようにしたいですよね。

 

疑問2:格安スマホは本当に安いの?どうして安くなるの?

でもここでまた疑問、格安スマホって本当に安くなるか、どういう原理で安くなるのか、

仕組みを知っていないと、何だか騙されそうで不安ではないですか?購入を検討する前にその仕組みを理解しておくと安心です。

 

まず、本当に安くなるのかというと

「安くなります。しかも半額以下に!」

もともとの契約(プラン)と使用状況によりますが半額以下に節約できる場合がほとんどです。

 

なぜこんなに安くできるのかというと、広告費・人件費・アンテナ費がかかっていないからです。

ドコモなどの3キャリアは、自社でアンテナを建てています。

しかし格安スマホはの回線はドコモ、au、ソフトバンクのキャリアからレンタルしているため維持費や人件費などが不要です。

これらの特性を活かして私たちのサービス料を安くしてくれているのです。

 

どのくらい違うのかというと、
例えば、ドコモと格安スマホ、マイネオ(mineo)を同じ条件で比べてみることにしましょう。

ドコモは5分以内の通話が無料のカケホーダイライトプラン、
マイネオ(mineo)は10分かけ放題のドコモプラン(Dプラン)を選択します。

基本料 データ量 データ・オプション 合計料金
ドコモ
カケホーダイライトプラン
1700円 SPモード300円 データSパック(2GB) 月額5,500円
マイネオ(mineo)
ドコモプラン(Dプラン)
1600円(3GB) 無料 電話10分かけ放題 月額2,450円

※データ通信量の目安
・ネットをほとんど使わない 1~2GB
・多少はネットを利用する 3GB~5GB
・ネットで動画をよく見る 7GB~15GB

ドコモと格安スマホのマイネオを比べてみるとなんと半額以下に!

 

このように、ドコモのデータ2GB、5分かけ放題のプランは、月額5,500円かかるのに対して、マイネオ(mineo)の3GB、10分かけ放題プランの方が、2,450円です。半額以下になるなんて驚きではないですか?

その人気から、格安スマホの利用者数は右肩上がりになっています。

 

出典:https://mmdlabo.jp/investigation/detail_1667.html

 

格安スマホってやっぱり本当に安くなるんだ~安さの理由がわかったら安心して使えますよね。

 

疑問3:格安ということはデメリットがあるのでは、裏があるのでは?

ここでまたさらなる疑問が、格安にできるってことはその他にも何か理由があるのでは?ってことです。

ドコモやau、ソフトバンクより半額以下も安いのに使い心地は全く同じなんて都合がよすぎますからね。

 

実はそのカギは通信速度にあるのです。

 

ドコモ・au・ソフトバンクの3キャリアと格安スマホの1番の違いは通信速度、
正直言うとこれら3キャリアの方が通信速度は早いです。

あと無料通話のプランも違うので注意が必要です。

格安スマホは普通に使う分は問題ありませんが、思いっきりインターネットも通話も楽しみたいという方にとっては少々物足りないのかもしれません。

では、どんな方におすすめなのかというと、やはり少しでも節約したい方です。

3キャリアはハッキリいってサクサクネットや通話を楽しみたいという方にとっては必要です。いわば完ぺきな状態です。

ですが、誰もが完ぺきな状態を求めているわけではありません。

 

無制限の無料通話がいらない方もいれば、ネットのデータ量もそこまで必要ない、もしくは我慢できるという方もいますよね。

使わないのに完ぺきな状態であっても、もったいないしもてあましてしまいますよね。

ですから、通話やデータ量を少なくして、料金も安くできるというわけです。

 

ドコモ・au・ソフトバンクの3キャリアはたしかに速度は速いけど、そこまで完ぺきにこだわらないなら、節約するためにも格安スマホが選ばれているんですね、普段使うのにストレスなく使えるなら格安スマホでもいいですよね。

 

疑問4:格安スマホ会社(MVNO)を選ぶポイント!何を基準に選べばいいの?

では、毎月のスマホ料金を少しでも安くしたいなら、何を基準にMVNO(格安SIMを扱う会社)を選べばいいのでしょうか?
格安スマホ会社(MVNO)を選ぶポイントを確認してみましょう!

 

参照:mvnoとは?

 

格安スマホ会社(MVNO)に替えたいならまずは料金が安いということが1番の条件です。

ですが、MVNOごとの料金はそんなに大差がなくなっていることが現状、つまり料金に関してはほとんど横並び状態なんです。
料金プランがMVNO選びの1番の条件でありながらどこの会社も料金はほとんど、微々たるものしか変わらないのです。

 

では、料金以外にどこに注目すればいいのかというと、

通信速度とサポートの充実度です。

 

そこで今回は、料金プラン、通信速度、サポートの充実度の3つをMVNO選びのポイントして上位5つの会社に絞ってみました。

それぞれの会社をおすすめポイントと一緒に紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

では早速、格安スマホの中でも料金や速度、サービスが充実していてストレスなく使える会社をみてみましょう。

 

1.マイネオ(mineo)

マイネオ(mineo)は関西電力グループの(株)ケイオプティコムが提供する格安スマホサービス

大手携帯会社でもスマホ料金がマイネオ(mineo)にするだけで月々2,450円~全部まとめてこの値段になっちゃいます。

マルチキャリア対応だからauプランとドコモプランが選べます。

料金プラン

料金プランは、データ容量によって違いますが、
シングルタイプ(データ通信のみ)とデュアルタイプ(データ通+音声通話)の2種類から選ぶことができます。

通話とネットをいままで通り使いたいならデュアルタイプです。

データ容量、500MB~30GBまで選択できますが、容量によって月額料金が変わります。

例えば、少しデータ容量を抑えて3GBを選択した場合

デュアルタイプ(データ通+音声通話)1,510円+(10分かけ放題)月額850円で合計2,360円となります。

プラン デュアルタイプ(データ通+音声通話) 通話料mineo電話(10分かけ放題) 合計
auプラン(Aプラン) 1,510円 850円 2,460円
ドコモプラン(Dプラン) 1,600円 850円 2,450円

※データ通信量の目安
・ネットをほとんど使わない 1~2GB
・多少はネットを利用する 3GB~5GB
・ネットで動画をよく見る 7GB~15GB

参照:マイネオ(mineo)の月額料金一覧表

通信速度

マイネオ(mineo)はauプラン(Aプラン)ドコモプラン(Dプラン)から選ぶことができますが、
特に、ドコモプラン(Dプラン)の方は速度も落ちなくて安定して快適に使えます。

速度が安定しているのでキャリアからの乗り換えでも安心です。

プラン auプラン(Aプラン) ドコモプラン(Dプラン)
データ通信速度 au 4G LTE相当
(受信最大708Mbps、送信最大50Mbps)
Xi(クロッシィ)相当
(受信最大788Mbps、送信最大50Mbps)
FOMA相当(受信最大14Mbps、送信最大5.7Mbps)

 

サポートの充実度

実店舗の少ないMVNOの中で数多くのサポート点を持つマイネオ(mineo)、SIMカードの差し替えや申し込みから初期設定まで丁寧に対応してくれます。

さらにオンラインサポートも用意されていて、初期設定と各種設定の方法も確認できます。
SIMカード取り付けやMNP転入切替/回線切替/など必要な手続きもこれらを確認することで簡単に行うことができます。

またよくある質問からユーザーの過去の悩みを見ることができるので安心です。

 

 

 

2.楽天モバイル

楽天モバイルは誰もが知っている楽天が提供する格安スマホのサービス

回線はドコモ系で、楽天会員なら1年目が月額1,980円のお得な料金プランとなってます。

 

料金プラン

料金プランはデータ容量、2GB~14GBまで選択できますが、容量によって月額料金が変わります。

例えば、少しデータ容量を抑えて2GBを選択した場合
5分以内の通話かけ放題とデータ量2GBで合計1,980円となります。(2年目以降2,980円)

※データ通信量の目安
・ネットをほとんど使わない 1~2GB
・多少はネットを利用する 3GB~5GB
・ネットで動画をよく見る 7GB~15GB

参照:楽天モバイルの月額料金一覧表

 

通信速度

楽天モバイルの「スーパーホーダイ」なら高速通信容量を使い切っても通信速度最大1Mbpsが使い放題となってます。
(正し通信が込み合う時間帯、12時~13時、18時~19時は最大300kbpsです。

公式サイトでは1Mbpsの通信速度を動画でチェックできますので、こちらで確認してみてください。
(公式サイトから「スーパーホーダイの詳細」をクリックしてください)

 

サポートの充実度

楽天は大手量販店でも提携しているので全国でのサポートも充実、ご自宅出張申し込みをすれば設定のサポートまで無料でお願いできます。
また楽天会員なら月々のお支払いをすることで楽天ポイントがたまるうれしいサービスもついてきます。

 

 

 

 

3.Yモバイル

Yモバイルは、ソフトバンク回線を利用している格安スマホ会社

電話も通話もコミコミ、月々1,480円で利用できるサービスです。

料金プラン

料金プランは、2GB~14GBまで選ぶことができ、2GB、通話国内10分かけ放題で月々1,980円(2年目から2,980円)です。

※データ通信量の目安
・ネットをほとんど使わない 1~2GB
・多少はネットを利用する 3GB~5GB
・ネットで動画をよく見る 7GB~15GB

参照:Yモバイルの月額料金一覧表

通信速度

通信速度の独自の調査では、上り43.27Mbps、下り20.76Mbpsと安定した速度です。

サポートの充実度

Yモバイルのショップは全国に1000店舗、月額500円で故障時や設定サポートもご利用できます。

 

 

 

 

4.UQモバイル

UQモバイルは美人三姉妹のCMで有名な格安スマホサービス

回線はau系で、通話もネットもコミコミで月額1980円となっています。(14ヵ月目から2,980円)

料金プラン

料金プランは2GB~14GBの2種類、5分以内の通話+2GBの通信データプランで月額1,980円となっています。

※データ通信量の目安
・ネットをほとんど使わない 1~2GB
・多少はネットを利用する 3GB~5GB
・ネットで動画をよく見る 7GB~15GB

参照:UQモバイルの月額料金一覧表

 

通信速度

独自の通信速度の調査では、15.8Mbpsとなっていて通信品質は安定しています。

 

サポートの充実度

全国、拡大中で47都道府県、どこでも購入可能、webでのサポート窓口も利用できます。

 

 

 

 

5.IIJmio

IIJmiは初心者にも優しい格安スマホサービス

マルチキャリア対応でドコモ系(タイプD)au系(タイプA)もどちらでも選ぶことができます。

ネットと通話が全部セットで月額1,880円となっています。(13ヵ月目からは2,880円)

料金プラン

通話プランは3GB~10GBまで選ぶことができますが、3GBで通話3分かけ放題では月額1,880円となります。

※データ通信量の目安
・ネットをほとんど使わない 1~2GB
・多少はネットを利用する 3GB~5GB
・ネットで動画をよく見る 7GB~15GB

参照:IIJmiの月額料金一覧表

6GB~10GBの料金表はこちらの公式サイトで確認してください。

通信速度

NTTドコモの「Xi®」(クロッシィ)エリアおよびFOMA®エリア、auの4G LTEエリアに対応しているので、郊外でも都心部でも安心して使えます。

サポートの充実度

IIJmiは大手量販店で専用カウンターを設置、全国47都道府県対応で安心、余ったデータを翌月に乗り越せたり、データを出来たり、様々なサービスも充実しています。

 

 

 

 

 

料金・速度・サービスの充実度で比較して上位厳選5社を紹介させていただきました。特にマイネオが人気ですが、これら5社なら、どこでも格安スマホに替えて大失敗した・・・ということは避けることができるでしょう。あとはどのサービスが自分にとって魅力的なのかに注目して選択するといいですね。

 

 

疑問5:今さら聞けない格安スマホの具体的な活用方法!実際に利用したい方はチェック

 

ここまで見ていただいたなら、格安スマホのメリットやデメリット、使うべきか、使わないべきか、自分の中で何となく決まってきたのではないでしょうか?

ですが、格安スマホに魅力を感じても実際にどうやって乗り換えればいいのか?どうやって利用すればいいのか、わからない・・・・・なんて方も多いと思います。

そこで、実際に活用するときに迷いそうなシュチュエーションから2つのパターンわけて紹介したいと思います。

 

1.スマホ本体から格安スマホに替えたい場合

今持っているスマホは使わず機種ごと変更して格安スマホにしたければ、SIMフリー端末を購入します。

SIMフリーとは、キャリアによってロックが施されていない端末です。

通常、ドコモ・au・ソフトバンクで購入したスマホはSIMロックといって、ドコモやauの回線しか使えないようされています。

 

ですが、最初からSIMフリー端末を買うことで、マイネオや楽天モバイルなどの、
ドコモ系SIM、au系SIM(格安スマホの会社がドコモやauから借りてい回線)のどれでも好きな回線を選ぶことができます。

 

SIMフリー端末はマイネオや楽天モバイルなどでネット購入できますが、中古ショップなどでも手に入れることができます。

SIMフリー端末購入後、使用するには、上記のMVNO会社から選んで契約する必要があります。
(端末を同時に購入して契約することも可能)

 

 

2.今までのスマホはそのまま、SIMだけ替えて格安スマホに替えたい場合

続いては今、使っているスマホはそのままで、SIMだけ変えて格安スマホに替えたい(毎月の料金を安くしたい)ときの方法です。

 

格安スマホは、今現在使っているスマホの契約をドコモなどのキャリアから、MVNO会社(格安スマホを取り扱っている会社)に変えることで毎月の通話料やデータ通信料を安くすることができるサービスです。

例えば、今使っているドコモのスマホをマイネオのドコモ回線に変えることで毎月の料金が安くできるのです。

※MVNO会社の多くはドコモ回線を利用しています。
そのため、今使っているスマホがドコモなら、ほぼ問題なくどこの、MVNO会社を選んでもそのまま使えます。

 

ドコモ系SIM(ドコモ回線を利用しているMVNO会社)

マイネオ・楽天モバイル・IIJmio・イオンモバイル・DMMモバイル・DTISIM・Nifmo・FREETEL・hi-ho・BIGLOBEモバイル・U-mobile・nuroモバイル・LINEモバイルなど・・・

 

SIMロック解除をすれば、どの会社でもほぼ使うことができる

では、今ドコモを使っていて、UQモバイルなどau系の格安スマホを使いたい場合はどうすればいいのでしょうか?

その辺も大丈夫です。

SIMロック解除をすれば、今ドコモの回線を使っていても、auの回線を使うことができます。
(2015年5月以前の端末はSIMロック解除できません、格安スマホ化したいなら回線をあわせましょう。)

SIMロック解除は、ドコモなど各店舗に行けば3,000円程度で代行してもらえますが、MVNO会社の各サイトから申し込めば無料で行えます。
やり方は各サイトでの契約時に選択することでカンタンに行えますので確認してみてください。

 

参照:そもそもSIMロック、ロック解除、SIMフリーって何?

 

まとめますと、SIMフリー端末を購入すれば、ドコモ系、au系、ソフトバンク系の格安SIMを端末に入れるだけ(MVNO会社との契約が必要)で格安スマホ化することができます。

また今、使っている端末がドコモでそのまま、格安スマホ化したければ、ドコモ系の回線を使うこと(格安SIMを端末に入れ替えるだけ)でSIMロックを解除せずに毎月の料金をやすくすることができます。

今、使っている端末がドコモでau系の回線・ソフトバンク系の回線を使いたい場合は、SIMロック解除が必要なので注意しましょう。

 

いろいろと難しいように感じますが、新しくSIMフリーのスマホを買えば、どの格安スマホの会社とも契約できるし、2015年5月以降のスマホならSIMロックを解除することで、どこの会社でも簡単に格安スマホ化できます。各サイトで自分の使っているスマホを選択することで、必要なことがわかる仕組みになっているので、まずは、各サイトに行って確認してみましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

格安スマホについて、初心者でもわかりやすいように紹介させていただきましたが、
少し複雑なので長くなってしまいました。

ですが、やってみると意外と簡単です。

まずは新しくスマホを格安スマホに替えるか、今使っているスマホでそのまま、毎月の料金を安くしたいか決めます。

あとは、どこのMVNO会社(格安スマホを取り扱っている会社)にするか選ぶだけ、
ドコモを使っているなら、そのままドコモの回線を利用している契約へ、それ以外au、ソフトバンク回線を使いたいなら
SIMロック解除というのをネットから行えば良いだけです。

各サイトでは、自分がどうしたいか選ぶだけで簡単に進んでいくようになっているので、確認してみてください。

以上が格安スマホの紹介になります。

長い間、ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

ありがとうございました。ぜひ参考にして自分にあった格安スマホの会社をみつけてくださいね。

 

 

使用目的別に選ぶならこちら

【スマホ料金少しでも安く】格安スマホで最安値を徹底比較!!

 

格安スマホでそこそこ動画はみたい!おすすめ料金プランはこちら

 

格安スマホでネットや動画を今まで通りガッツリ見たいならこのプラン!

 

 

SIMロック解除は面倒くさい!端末はそのままで格安スマホに替える方法は?

 

iphoneの方におすすめの記事

iphone8&Xを少しでも安く使うならSIMフリー化!格安スマホにしよう。

 

-格安スマホの基礎知識
-, ,

Copyright© 【Good-Life-Action】日常の便利な商品・サービス・お役立ち情報! , 2020 All Rights Reserved.